未来の住宅
2005.5.30


 先日、某大手メーカーが次世代の住宅設備を発表しました。
どうやら住宅内の音声認識システムらしい。
例えば「テレビを消して」といえばテレビが消え、
「リビングの照明をつけて!」といえば勝手に照明のスイッチが入るそうです。

2,3年後に実用化する予定だそうですが、
そう、子供の頃に思い描いた「未来の家」そのものです。

きっと今に「ご飯!」といえば食事が運ばれてくる時代がくるのでしょうか?

既に住宅の中には「リモコン」が氾濫しています。テレビ・オーディオ・ビデオ・エアコン・照明・・・
じっとしていてもいろんなものが動かせます。
よほどの広い家でなければほんの数歩歩けば手が届くのに・・・。

便利になればなるほど逆に人間が退化していくのではないかと心配します。
そういえば以前ある高齢者の家を設計したときに、
当然のように全てバリアフリーにしようとしたところ、
お客様の方から敢えて段差をつけて下さい。とお願いをされたことがあります。
普段から足を上げていないともっとあがらなくなるから・・・という理由でした。

確かに家の中はバリアフリーでも一歩外に出れば段差だらけで、
摺り足が癖になればもっと危険なのかもしれません。

世の中のあらゆる物が「便利」になっていきます。
しかしその「便利」とは人間の欲望に基づくもので自然の摂理に反します。

気が付けば人間は動く事を忘れ、五感も失って行ゆくことになるでしょう。

そうもう一つ。子供の頃に見た絵を思い出しました。
極端に頭が大きく体が貧弱な未来の人間の姿を・・・。

少なくとも私はこんな風になりたくはありません。




COMMENTS

  長者番付
2005.5.23


毎年恒例の?の全国長者番付(高額納税者公示)が発表されました。
今年の1位は収入にして約100億!
それもサラリーマンさんだというからびっくりします。

この公示制度そのものに賛否両論があるようですが、
あまりの別世界の話しについつい興味本位で見てしまいます。

ここに名前が挙がる人の多くは「社長」などの肩書きを持った人たちですが
私も同じ肩書きを持つのにまるで次元が違います。

そういえばちょうどその頃に某有名大臣が
「日本経済は踊り場を脱した・・・」というような発表をしていました。

確かに一時に比べて倒産件数も減少しているようですし、
弊社やその周辺の状況を見渡しても危機的状況ではなくなったとは思います。

しかし建築屋の私としてはこの「踊り場」という言葉に引っかかってしまいます。
「踊り場」とは階段の途中にある平らのところで、
一時休憩したり、方向転換するところです。

てことはこれまですでに少しあがってきていたということでしょうか?
私はこれまでどんどん下がってきていたものが少し「踊り場」で休憩し
やっと反転して少し上り始めた程度に感じます。

どちらにせよ長者番付をみても世の中の格差が広がっているように思います。
お金のあるところにはまたお金が集まり、お金が無い人はどんどん苦しくなる。

成熟した経済の中では仕方の無いことかも知れませんが、
何とか日本経済全体が一歩一歩ゆっくりとでも
階段を上がっていってほしいと願います。







  十人十色
2005.5.16


私たちのところにはいろんなタイプのお客様がいらっしゃいます。
建築家であればその作品性に対して
依頼する方もある程度絞られてしまうかも知れませんが、
私たちは工務店という性格上、そうはいきません。

年齢も60代から20代まで、これが何度目かの家作りという方もいれば
これから結婚する若いカップルもいらっしゃいます。

ご要望もデザインにこだわられる方、性能や設備にこだわられる方、
コストを重視される方、もちろんそれら全てという方もいます。

そういえば最近すべておまかせ、という方はほとんどいらっしゃいません。
昔は結構そんな感じで、それはそれで難しかったのですが・・・。

人の好みや快適と感じられる尺度は十人十色であることに日々感心します。
なんとかその多様なお客様すべてに満足していただきたい。
ちょっと欲張りかもしれませんが本気でそう思います。

最近のお客様は本当によく勉強されていて、
私たちもまだ知らない商品や工法について聞かれることもあります。
だからプロとして恥ずかしくない知識を身につけるため
日々の勉強や研究が欠かせません。

そして多様なお客様の対応をさせていただくお陰で、
いまだにこの仕事に飽きることはありません。



COMMENTS


  GW
2005.5.7

皆さんはGWは楽しく過ごされましたか?
弊社はゴールデンウィークというにはちょっと寂しい暦どおりの休みでした。
その上私自身は前半の休日に仕事が入り、結局3連休のみになりました。

この仕事は休日に打ち合わせが入ることが多く、なかなか上手く休めませんが
3連休が取れただけでもありがたいことです。

しかし、世の中はまだ不況だというのに、行楽地はどこもいっぱい!
道路は大渋滞!日本の国もまだまだ余力があるんですかね?

私は3連休を利用して篠山方面に小旅行してきました。
新緑の季節、山の緑が美しく本当に気持ち良かったのですが、
その道すがら面白いことに気がつきました。

高速道路のサービスエリアで休憩していたとき、
車から降りてくる人のうち、犬を連れた人の多いこと・・・。
ちょうど私たちが休んでいたのが片隅の小さな芝生の広場だったもので
続々と犬達が集まってきて、さながら犬の品評会になっていました。

世の中ペットブームだとは聞きますが、これほどとは驚いてしまいました。

動物を飼っていると旅行も行きづらく一緒に連れて行っているのでしょうが、
高速道路のサービスエリアで犬が続々と車から降りてくる風景はある意味不思議な光景でした。

確かに最近では犬や猫を飼っているお宅を新築する機会が増えていますが、
そのうち犬小屋をいかに快適にするか・・・を
考えなければいけない時代がくるかもしれませんね。

生き物を大切にすることは大変良いことだと思いますが、
どうかこれが一過性のブームで終わらないことを祈るばかりです。