ご意見ご感想は 「こちら」からどうぞ。
 ありえない
2006.7.6


最近世の中では「ありえないこと」がよくおこります。
毎日ありえない事故や事件ばかりが新聞紙面に並びます。
特に昨今の建築業界では「ありえない」ことだらけ。
それを見てはついつい「ありえない・・・」と嘆いてしまう。

ところで「ありえないこと」って何なのでしょうか?
どんな事故もよく見れば必ずどこかに原因があります。
つまりそれは「ありえること」なのではないないでしょうか。

ただそれを受け止められない我々が「ありえないこと」と解釈することで
少しでも自分を納得させようとしているのでしょう。
何が起こっても不思議ではない時代。
ならば少々予想外のことが起こっても動じない準備と
なにより自分たちが「ありえないこと」の当事者にならないこと。
そのためには全て「ありうる」という前提で日々自らの行動を検証し
原因となりうる事象を排除しないといけません。
またまわりで起きたことに対しても他人事にせず
その真実を受け止める必要があるように思います。

ともかく日本という国がこれ以上「ありえない」方向に進まないことを
心から願うばかりです。




 こころ
2006.6.14

GW以降、非常に忙しい日が続いています。
気持ちよくリセットした日が遠い昔のようです。
おかげでこのページを更新することもままならず失礼しています。

そんな時、ある人からあり難いご忠告。
忙しいとは心を亡くすってことだよ・・・。
確かにその通り。

この日記を書く時間がまったく無いわけではなくて
忙しいほど日々いろんなことが起こっているのに
なぜか書くネタが思いつかない。
ただただ時間に追われるばかりで頭は何とか対応しているものの
こころがそれについていっていないということでしょうか?

ところでそれにしても漢字というものはよく出来たものです。
ちょっと思いつくものを挙げてみました。

心が荒れる=慌てる(あわてる)
心が去る=怯える(おびえる)
心で生きる=性(さが)

ついでに漢和辞典を見てみるとこれがなかなか面白い。
でもよく見るとリッシンベンにはなんだかネガティブな意味が多いような・・・。
昔の人もよく心を乱していたのだろうか。
そんな中ありそうでない文字を発見しました。
心豊かになる・・・。
いくら探してもありません。

皆さんならこの字、なんて読みますか?



 リセット
2006.5.19
 
GWが終わってそのことでも書こうと思っていたら気が付けば早や2週間。
いつに無く長い5連休をいただき
しばらくその余韻にでも浸ろうか・・・なんて甘い考えでした。
休んだ分も含めて怒涛のように仕事が押し寄せ強制的に社会復帰。
少し落ち着くのに2週間もかかってしまいました。

GWですが今年は思い切って信州方面に遠出をしてきました。
4日間で走った距離は1300km。
車に弱い娘たちも信州の美しい風景に魅せられたのか無事に走りきりました。
例年に無く残雪が多く、より美しく輝く山々を眺めながら
我々にとって非日常的な空間に身を置くことで
心も体も全てリセットされました。

立場上常に目の前に難題を山積にされそれらに悩み結論を迫られる日々の中で
普段の休日は体は休んでも頭の中は仕事のことで一杯。

そしてどんどん積み重ねられある時溢れだしそうになります。

若い頃ならそれでも強引に働き続けようとしたものの
最近では体力の衰えとともにそれではいけないと気づくようになりました。
だから少しでも連休が取れれば出来るだけ環境を変えることで
強制的にリセットすることを心がけています。

コンピューターならクリック一つでリセットできるのに
人間の体というのはなかなかリセットしにくいですよね。

人それぞれリセットの方法やタイミングは違うと思いますが
なによりも自分の限界をわきまえる事が大切だと感じます。
限界が来る前に少しでもクリーンにすることで
また新たな気力が沸き正確な判断ができるというものです。
果たして次のリセットはいつできることやら。

またそれまで頑張りましょう。