建築日記
 2008年9月20日(土)

 昨日の台風の影響でまさに水入り、一日延期しましたが

 台風一過の秋空のもと、本日より本格的に着工しました。

 私たちの仕事は建物を造ることですが、そのためにはまず解体から始まります。

 震災当時に来る日も来る日も公費解体の制度の元で解体工事の指揮を取ったトラウマか

 どうも私は解体工事だけは未だに馴染めません。

 しかし長年住み慣れた愛着のある家を解体するお客様の心情も察しつつ

 だからこそ解体といえど丁寧に行い

 そして次に出来る新しい家をよりよいものにしようと心に誓います。


 

 正井建築舎:設計 A邸

 2008年9月17日(水)

 先日契約完了をご報告しましたリフォーム案件が着工しています。

 リフォームですのでまずは改修部分の撤去工事からスタート。

 かのリフォーム番組では毎回派手な解体シーンが演出されていましたが

 実際の解体作業はコツコツと地味なものです。





 2008年9月12日(金)
 
 今週後半は以前に出した複数の見積り案件のVE作業に明け暮れました。

 VEとはバリュー・エンジニアリングの略で簡単にいうと品質や性能を出来る限り維持しながら

 コストダウンを計る為の検討作業という感じです。

 最近は資材の高騰などの影響もあり入札で一番になってもお客様の予算に合わず

 このようなVEを経てやっと契約にいたるケースがほとんどです。

 そして私たちは何度も何度も自分たちが作った見積書を見直し

 何処かに合理化できる内容はないかと重箱の隅を突付くようにして数字を追いかけます。

 正直言ってかなり地味で疲れる作業ではありますが

 なんとかお客様の夢を現実のものとするために明日もまた数字と格闘します。


 そして疲れたときにちょっと気持ちを癒してくれるのが打出のケヤキ並木。

 そろそろ少し色が変わってきたような・・・

 
 
 2008年9月9日(火)

 最近、新規物件の見積りが連続しています。

 今日も新たな物件の見積り提出日。

 もちろん他社との競争もあるのでこのときばかりは緊張します。

 ただいわゆる入札のように札を入れすぐ結果が出るわけではなく、

 設計事務所が見積り内容を精査した上で後日結果の通知があります。

 果たして今回の物件の結果は如何に?


 そして午後は契約をした伊丹のA邸で初の現場打ち合せ&近隣挨拶。

 施主を交え既存建物の解体工事の範囲の確認を行いました。

 こうやって着工準備が進み現場担当のモチベーションが上がっていきます。


 


 
 2008年9月8日(月)

 これまで現場状況のページで施工中現場の紹介をしておりましたが

 このたびページをリニューアルいたしました。

 これからはブログ風に出来るだけリアルタイムな情報を発信していきます。

 さて、その記念すべき第一日目は、新たな物件の契約の報告です。

 先週金曜日、土曜日と二日連続で新たなご契約を締結させていただきました。

 一件は東灘区でのリフォーム工事、あと一件は伊丹市での新築工事です。

 どちらも設計事務所のご推薦により見積りをさせていただき受注に至りました。

 まずもって弊社を推薦いただいた設計事務所様、また弊社にお決めいただいた施主様に

 心から感謝を申し上げます。

 我々は何度契約というものを経験しても毎回身が引き締まる思いがします。

 今回も同様に皆様方の期待を裏切らないよう、しっかりと工事を進めてまいります。

 これからのこのページでの報告をご期待ください。

 ちなみに伊丹の新築物件は設計事務所様のブログにも掲載されております。

 こちらもご覧ください。
Top page
Company
Build
Works
Reform
Information
What' new?
Diary