建築日記
 2008年11月29日(土)
 
 一ヶ月ほど前から工事をしていました某保育園のリフォームが完了しました。

 この保育園では数年前より継続的にリフォームをさせていただいておりますが、

 ナチュラルと可愛らしさをコンセプトにして、各教室ごとに少しづつ変化を付けています。

 今回の改修は1歳児の保育室で要素が少なかったのであまり遊んでいませんが

 新たに設けた木製窓に4色のカラーガラスを嵌め込んでみました。

 今後もここで育った子供たちの記憶に残るようなデザインを目指します。

 before
 

 

 after
 

 

 

  
 越智工務店:設計施工 

 2008年11月27日(木)

 年末が近いせいかバタバタしており更新が滞って申し訳ございません。

 K邸は基礎工事がほぼ終わりこれから地上部分の躯体工事に入っていきます。

 
 設計組織アモルフ:設計 K邸


 A邸は屋根下地を終え現在は外壁下地の工事中。

 写真は下からでは見えない屋根の上。実はこんなところにトップライトがあります。

 

 下から見るとこんな具合です。

 
 正井建築舎:設計 A邸


 M邸は本体の基礎工事は終わり外構擁壁の工事中です。

 

 この現場のすぐ近くに小さな祠があり、境内の大きなイチョウの木が見事に色づいていました。

 
 アトリエ2馬力:設計 M邸

 2008年11月17日(月)

 11月16日、A邸の上棟式が行われました。

 当日は朝からあいにくの雨。現場は雨養生の為、ブルーシートで覆われています。

 

 しかし、開式の1時間ほど前には雨もやみ薄日が差すようになりホッと一安心。

 最近では式や直会も簡略化されることが多いのですが、

 A様のご好意により立派な式になりました。

 

 

 今回上棟式は建方時の弊社の不手際もあり、いつになく我々は緊張いたしましたが、

 それにも関わらずこのような盛大な上棟式を行っていただいたA様には

 心から感謝を申し上げます。

 そのご好意に甘えることなく、これからの工事の安全と

 なによりも誠心誠意、心を込めてこの家を造り上げることを現場一同が心に誓いました。

 
 2008年11月14日(金)

 K邸は地盤改良を完了し、捨てコンクリートも打設されました。

 これから本格的な基礎躯体の工事に入っていきます。

 
 設計組織アモルフ:設計 K邸


 A邸は上棟を終え、次なる工程である屋根下地工事に入っています。

 週末から天候が崩れるようなのでそれまでに下地ができるよう急ピッチで進めています。

 上棟すると足場と養生シートで囲われる為、全容がわかりにくくなりますね。

 

 
 正井建築舎:設計 A邸

 A邸ではお施主様のご好意により、設計事務所の主催で現場見学会が実施されます。

 詳しくはこちらの案内をご覧ください。 【正井建築舎ブログ】

 なお、ご見学には事前の申し込みが必要です。

 上記のブログにて直接申し込まれるか、弊社のほうにメールにてお申し込みください。


 2008年11月13日(木)

 M邸は本日基礎のコンクリート打設を行いました。

 今回はベタ基礎のベース部分までで、もう一度立上り部分を打設し建方を待ちます。

 
 アトリエ2馬力:設計 M邸

 T邸(リフォーム)はいよいよ完成し明日引き渡します。

 少しですがリフォームの成果をご覧ください。

 

 

 
 アーキボックス:設計 T邸


 2008年11月11日(火)
 
 昨日に引き続きA邸の建方をリポート。

 少し曇りがちではありますが大安吉日の本日、建方工事を敢行しました。

 こんな日に限って私は別の用事がいろいろ重なり昼前に現場についた時点で

 既に二階の床レベルまで完了。なかなか順調です。

 

 いまどき珍しくなったトラックタイプのクレーンが頑張ってます。

 

 果敢に足場に上がって進行を見守る設計事務所担当のI女史。ご苦労様です。

 そのあと一旦現場を離れ、3時頃また戻りました。

 

 2階以降は上下に重なる梁が多くちょっと苦戦している様子。。。

 

 

 難しい仕口(追掛大栓継ぎ)もバッチリ。

 

 あともう少しで上棟完了だったのですが、またしても私は時間切れ。

 やむなく見守る設計事務所正井氏と現場監督にあとを託して現場を離れました。

 果たして日没までに上棟で来たのでしょうか??
  ・
  ・
  ・
 最後まで立ち会っていただいた正井氏から写真がメールで届きました。

 無事上棟です。A様おめでとうございます。

 そして皆様、お疲れ様でした。

 
 正井建築舎:設計 A邸 (撮影:正井建築舎)


 
 2008年11月10日(月)
 
 K邸は掘削工事のあとの地盤改良工事が始まりました。

 いわゆる表層改良という工法で今回は基礎下部の地盤を60cmの深さまで

 硬化材を入れて撹拌し強化します。

 

 
 設計組織アモルフ:設計 K邸


 A邸は雨で一日順延しましたがいよいよ建方の開始です。

 今日は1階の管柱の建て込みと同じく1階床の下地をつくります。

 

 にょきにょきと柱だけが立っています。

 先日検査をしましたその他の梁材も現場に搬入されました。

 

 なにかあちらこちらに落書きのような文字が見えますがこれは「番付け」といい

 この部材が取り付く位置を示したものです。

 建物の平面に対して例えばX軸方向にいろは、Y軸方向に123とナンバーを想定します。

 つまり「い1」ならば建物の角になりますね。

 
 正井建築舎:設計 A邸 
 
 明日はいよいよ上棟ですのでまたリポートします。
 
 2008年11月6日(木)

 M邸は本格的に基礎工事が始まってます。

 本日、捨てコンクリートの打設を行いました。

 
 アトリエ2馬力:設計 M邸


 K邸も既に掘削工事を完了しました。

 こちらはRC(鉄筋コンクリート)造のため全体的に深い掘削になっています。

 
 設計組織アモルフ:設計 K邸

 2008年11月1日(土)

 早いもので今日からもう11月です。ということはあっという間に年末ですね。

 いろんな意味で世の中は慌しいですが、工事は冷静に慎重に進めます。

 A邸は基礎の立上り部のコンクリート打設も終わり脱型しました。

 これからしばらくの養生期間をおき、来週後半には先日検査をした構造材が搬入され

 いよいよ建方(たてかた)に入り、11/10頃には棟が上がる予定です。

 
 正井建築舎:設計 A邸 (10月30日撮影)
Top page
Company
Build
Works
Reform
Information
What' new?
Diary
これまでの日記
建築日記'08.10
建築日記'08.09