建築日記
 2008年12月26日(金)

 いよいよ弊社の年内営業日も明日一日となりました。

 そして初雪の舞う中、今年最後の現場巡回に出発です。

 M邸は建方以降も順調に下地工事が進んでいます。

 

 空に向かうなが〜い梯子は屋根工事によるもの。

 今日明日で屋根を葺いて今年の工事を完了いたします。

 
 アトリエ2馬力:設計 M邸


 K邸は地上一層目の型枠工事がほぼ完了し明日最終日でのコンクリート打設を行います。

 コンクリート工事では打設後、最低でも一週間程度の養生期間を取ります。

 だから休み前に打設できれば休み中を養生期間として有効に利用できますので、

 少しでも遅れて休み明けに打設するのとは後々の工期に大きな差ができます。

 今回は当初よりギリギリの予定で年内打設が危ぶまれていましたが

 型枠・鉄筋等の職方の健闘でなんとか最終日の打設が可能になりました。

 

 
 設計組織アモルフ:設計 K邸


 A邸は外部の下地板もほぼ張り終わり、内部壁面の断熱材も徐々に入っています。

 

 室内に鎮座する大きな物体は・・・そうです、ユニットバスです。

 まだまだ室内は下地の状態ですがここだけは既に完成形。

 つまりこの時期に設置しないとあとからは入りません。

 
 正井建築舎:設計 A邸

 今年の途中から急に始めたこの建築日記ですが、

 来年も怠けることなく現場を回っていきますので是非これからもご覧ください。

 
 
 2008年12月25日(木)
 
 前回、暮れも押し迫って・・・と書きましたが、更に押し迫ったクリスマスイブの昨日、

 新しい新築物件の地鎮祭が行われました。

 契約は年明けに行いますが地鎮祭だけでも年内にというお施主様のご要望で急遽決定。

 これより キアラ建築研究機関:設計のMt邸がスタートします。

 


 

 

 年末になって日本の経済情勢も一段と厳しさを増す中、来年の先行きも不透明ではありますが

 このように弊社では新たな物件を受注・着工することができ本当にありがたいことです。

 M様、地鎮祭おめでとうございます。これからしっかり工事を進めますので

 来年もよろしくお願いいたします。


 2008年12月22日(月)
 
 暮れも押し迫った昨日の日曜日、A邸の材料確認のため鳥取まで行ってきました。

 お施主様、設計事務所と共に前回の宍粟ツアーに続く第二弾!です。

 行った先は鳥取県八頭郡智頭町の潟Tカモトさん。

 こちらはA様の仕事上の取引先だそうで今回フローリング等の造作材を入れていただきます。

 智頭杉といえば少し前からその名前を目にしていましたがその土地に行くのは初めて。

 このサカモトさんは地元での消費がメインだった智頭杉を全国に広めた立役者のようです。

 そして今では構造材や造作材にとどまらず家具や木製ブラインドまで作っておられます。

 今回はそんなサカモトさんの若き後継者さん(社長の息子さん)のご案内で、

 自社材をふんだんに使った社長宅やその息子さんのご自宅を拝見し、

 ついでに石谷家住宅(有形文化財)の見学など智頭観光までさせていただきました。

 もちろんご自宅をお借りして工事の打ち合わせも抜かりなく行いました。

 これで構造材の宍粟杉と造作材の智頭杉のコラボレーションの準備が整いました。
 
 いよいよ出来上がりが楽しみになりますね。

 一日中あっちこっちをご案内いただいた坂本様、本当に有難うございました。

 そして皆さんお疲れ様でした。

 

 


  
  
  
  
  
  
 
 2008年12月16日(火)

 今日は弊社の現場パトロールの日です。

 ゼネコンなどでは「安全パトロール」と称して現場を巡回し安全指導などを行いますが、

 弊社では「信頼パトロール」という名前で安全管理に限らず技術的なチェックも行います。

 現場スタッフ同士がお互いの現場をチェックしあうことで技術や問題点を共有し、

 また多くの目で見ることで隠れたミスを発見することもできます。

 そうすることでより一層皆様から信頼をされる会社になっていこう!という主旨です。

 さて前置きが長くなってしまいましたが、まず一軒目はM邸。

 上棟からまだ二日しか経っていませんが、既に野地板がほぼ張り終わっています。

 

 現場ではそれぞれが気になった点を指摘し担当者から説明を受けます。 

 

 
 アトリエ2馬力:設計 M邸

 そして一気に移動して二軒目のA邸へ。

 こちらは大工が手分けをして外部の納めと屋根の断熱材入れを平行して行っています。

 

 

 そういえばサッシにもガラスが入りました。これで職人さんたちも寒くない?

 窓周りの防水の納めについて喧々諤々!?協議する越智工務店現場監督の面々。

 
 正井建築舎:設計 A邸

 最後の三軒目はK邸へ。

 こちらは今日から1階部分の型枠工事が始まりました。

 年内のコンクリート打設を目標にこれから急ピッチで立ち上がっていくはずです。
 
 

 
 設計組織アモルフ:設計 K邸


 2008年12月15日(月)

 13日土曜日、晴天の下、M邸の建て方が行われました。

 

 順調に工事は進み4時頃には無事上棟!

 

 当日は土曜日と言うことでお施主様も工事を見学いただき、

 お昼にはお弁当の差し入れまでいただきました。(有難うございました。)

 

 そして、そのまま簡単な上棟式を行いました。

 お施主様に四方をお清めいただき、御幣を掲揚させていただきました。

 

 

 いつもの事ながら上棟式では身が引き締まる思いがします。

 木造ではこれからが工事の本番。現場一同頑張ります。

 改めましてM様、上棟おめでとうございます。

 
 アトリエ2馬力:設計 M邸
 

 2008年12月10日(水)

 A邸、この時期の現場は目に見えるような大きな変化がありません。

 しかし大工はコツコツと作業を進めています。

 

 開口部には新たにサッシ枠が取り付きました。

 また外部ではモルタルの下地となる小巾板が張られていきます。

 
 正井建築舎:設計 A邸


 M邸はいよいよ今週末に建て方を行います。

 

 
 アトリエ2馬力:設計 M邸


 2008年12月5日(金)

 今日は朝から雷鳴とともに冷たい雨が降りました。

 K邸の現場もちょっと寂しい雰囲気。

 
 設計組織アモルフ:設計 K邸

 

 しかし実は雨の中でも外周の埋め戻し作業を進めており昼休みで人がいなかっただけでした。

 作業員の皆さん、ご苦労様!風邪引かないで下さいね。


 A邸は外壁のブルーシートが外され本来の透湿防水シートに変わりました。

 屋根もしっかり葺かれこれで雨も大丈夫!

 

 

 
 正井建築舎:設計 A邸

 
Top page
Company
Build
Works
Reform
Information
What' new?
Diary
これまでの日記
建築日記'08.11
建築日記'08.10
建築日記'08.09